国際結婚のお相手探しの方法

国際結婚で移住後の悩み事

国際結婚をして、海外に移住する。
想像すると夢のような憧れの生活が待っているように思う方が多いかもしれません。
ただ、心配事は日本で住んでいるときよりはるかに多いのが現実です。
少し、ネガティブな部分を紹介します。
まずその移住先の言葉は話せるのかというのが問題です。
話せたとしても、旅行ではないので語学力はやはりネイティブな方よりは劣るものです。
役所関係の書類には毎回頭を悩まされ、時間がかかってしまうのです。
相手の家族や旦那さんの理解があり、協力的であれば、上手くやっていけるかもしれません。
逆に言うと、どうしても頼らなければいけない事も多くなるので大変です。
そして、移住先では、いつも日本人は相手にとって外国人でどこか壁を感じてしまうシーンも残念ながらあります。
そんなネイティブな事も想像した上で、定住先を考えないと後々ストレスを抱えることになります。
せっかくの国際結婚です。
結婚には、トラブルがつきものと言いますが、定住先の国の特徴などしっかりお勉強してからでないといけません。

国際結婚には移住がつきもの

国際結婚をする人は増加していますが外国の人と結婚するということは母国が2つになるということです。
特に子供がいる場合にはそうなります。
相手の仕事の都合や子供の教育についても日本人同士で結婚した場合とは少し事情が異なります。
母国が2つあるということは、相手のどちらかが元々の自分が生まれた国に住まないことになりますので、環境や文化、食生活の違いなどで面白い発見もあり楽しい反面、親や兄弟、親戚などと距離的には離れてしまうこともありますので、精神的に大変な部分もあるかもしれません。
国際結婚している人達は一つの国にとどまらないこともよくあります。
数年夫の国で過ごした後、仕事の都合で妻の国に移住したり、子供は小学生のうちは妻の国で、大学は夫の母国でなど移住する計画をたてていたり、お互いの国を行き来していることも少なくありません。
日本人同士の結婚でも仕事で海外赴任することもありますが、移住する確率がより高いのは国際結婚している人といえます。

おすすめWEBサイト

2017/3/17 更新

Copyright(C) 2015 国際結婚について All rights reserved.