国際結婚のお相手探しの方法

国際結婚での子供の教育

国際結婚をーして、子どもが出来た時どちらの国で教育を受けるかというのは一つの問題です。
まず、学校に通う国を決めるのは3歳くらいまでがいいかもしれません。
なぜなら3歳以降の子ども達の言葉の発達は、とても早く重要だからです。
まず、小学校から高校までのシステムがどうなっているのか、しっかり情報を収集したほうがいいです。
日本の小学校から高校は、義務教育は中学生までですが、高校も今日ではほとんどの子どもが通うようになっています。
結婚してからの滞在国の子供たちの様子をしっかり観察し、それぞれのお子様に合った教育を受けられる国を選択してあげるのも、大切な選択のひとつです。
日本の学校施設は、他の国とも比べても水準が高く、設備も良く整っています。
子供にとって、何語が一番いいのかを選ぶのも悩むところです。
ただ、どちらの言葉も母国語にならないという悩みを持っているハーフの子供たちがいると聞いたことがありますので、小さなうちからコミュニケーションをしっかりしてあげたほうがいいです。

国際結婚では子供の将来を見越した教育が大切

国際結婚を行うことは、それぞれの国の法律なども違うため、ややこしいものです。
しかし、それ以上に頭を悩ませることになるのは、子供の教育問題でしょう。
将来的に、子供がどちらの国に住むことを選択しても大丈夫なように教育するのがベストですが、親も子供もかなりの努力を強いられることになります。
日本に住んでいる場合は、家庭内では配偶者の母国語で話すようにすると、バイリンガルに育てることはできますが、学校の授業についていけるレベルに達するのは難しいでしょう。
反対に、外国に住んでいる場合は、家庭内では日本語で話すようにすると、バイリンガルに育ちますが、ひらがな、かたかな、漢字をマスターしたり、日本の歴史について覚えるのも難しく、15歳になって日本の高校に行きたいと思っても、高校受験で苦労することになります。
そのため、国際結婚の場合は、子供が将来どちらの国に住みたいと思うのかを予測した教育を行うことが大切になります。

注目サイト

トイプードルブリーダー シルバー

Last update:2018/1/5

Copyright(C) 2015 国際結婚について All rights reserved.